3.4.5〜まっつん旅。

【御朱印巡り・御城印巡り】を中心に様々な旅情報を発信してます。主に現地の雰囲気や見所を【予習】の感覚であなたの旅のサポートになって頂けるようにご案内して参ります。

スポンサーリンク

失敗だらけ!?【キャンプ旅物語】|八千代グリーンビレッジ憩遊館【茨城県】

スポンサーリンク

f:id:ja7083324:20201123191902j:image

マツタビです。

日々お疲れ様です。

 

今回は以前に訪れた冬キャン旅・・in茨城県

八千代グリーンビレッジ憩遊館

 

 キャンプ経験も浅く知識も撮影もダメダメですが、ストーリー感覚でご案内♬

 

どうぞお付き合いくださいませ

 

仕事終わりキャンプへ行ってみることに

f:id:ja7083324:20201122181730p:image

今日は仕事をささっと終わらせ、

自宅に着いたのは夜7時、

「これはだいぶ遅いスタートになりそうだな・・」

僕は冷え切ったバイクのエンジンをかけキャンプ地へ走り出した。

 

 

季節は冬。

仕事もそれなりに忙しく、たんぱくで無機質な一日が過ぎ去り。

 

仕事から帰るといつものダラダラルーティンが始まる。

ダメとわかっていながら心地よい習慣にあらがえぬ日々。

 

 僕の唯一といっていい趣味はソロキャンプ。

一人で自然に体をまかせ何もかも忘れ作業に没頭することができる。

 

そんな時間を費やす気力もいちしかダラダラ習慣に飲み込まれていた。

気付いたときには押し入れの中はほったかされたキャンプギアたち。

 

(よし決めた!)

「キャンプ行こう」

 

明日は平日休みだ、仕事終わりに近場のキャンプ場なら行ける。そう思った僕。

 

とりあえず積載をささっと終わらせる!

 

f:id:ja7083324:20190109154726j:image

 

バイクへの積載は何回かテストしていた甲斐があり、

すんなり乗せられた。

 

さて出発だ。

 

直前のバダバタ準備

この後後悔するとも知らず・・

 

時刻は7時半…。

「これはだいぶ遅いスタートになりそうだな・・」

僕は冷え切ったバイクのエンジンをかけキャンプ地へ走り出した。

 

f:id:ja7083324:20201122182437p:image

さ、寒っ。

 

足もとからは恐ろしい程の冷気がガンガン襲い掛かる。

走って数分で僕は後悔していた。

 

防寒が甘いのかキャンプサイトまで30分の距離でキンキンに芯まで冷え込んでしまった、

僕の脳内は引き返そうか向かおうかのバラメーターの狭間で戦っていた。

 

 キャンプ場に到着!おきた後悔

キャンプ地に到着。

なんとか到着。

受付は午後八時までだったのでギリセーフ。

 

f:id:ja7083324:20190109155544j:image

 

受付を済ませ。

テントも四苦八苦しながらも何とか設営。

さぁ暖かい飯をくらうぞ!と意気込みを入れたが束の間・・・

 

焚き火台がない?

…………。

 

やっちまった。

 

完全に忘れた。

僕はこの日、キャンプの醍醐味である焚き火台を忘れしまったようだ。

 

本来あるはずだった焚き火台は、

なんとアマゾンで2000円以下で買える

中華生の焚き火台コンロ。

中華生キャンプギアは当たり外れが多いがこれはどうやら当たりのようだ。

 

 

 

コンパクトながら大きさもソロなら充分。

無骨な見た目でキャンプ飯を楽しめる。

 

そしてこれで作った暖かい料理はうまさも三倍増し~♬

 

うますぎて食べ過ぎにはご注意よ♡

 

これを忘れてしまった僕。

 

ふぅ・・。

しかたなく100均で買ったステンレス蓋を焚き火台に代用することに。

 

f:id:ja7083324:20190224195312j:image

餅を焼いた。

そして焦げた。

網と炭の距離が近いので当然か。

 

バタバタ準備をするとこんな悲劇はよくある

これもキャンプにおいてあるあるなこと。だよね?

 

f:id:ja7083324:20201122145625j:plain

 

ふと思う

 

皆とワイワイホッコリキャンプ♬

生暖かいし正直うらやましい。

僕はこんなキラキラした世界はもはや二次元世界にすら思える。

 

冬のソロキャン・・辺りに誰もいない完ソロ

(キャンプ地に自分以外誰もいない)、しかしどこか穏やかだった。

 

ズボラな飯だが僕は非日常的なことに少しホッコリとしていた。

 

テント内の過ごし方

f:id:ja7083324:20201122150648j:plain

理想とかけ離れた飯を食べると時刻は10時を過ぎていた。

 

「そろそろ眠るか」

 

テント内で寝るのもキャンプでは楽しみの一つ。

 

しかし

冬のテント内は寒く、

とても寝れる環境ではない。

と、いうこと。

 

テント内の冷え込み対策

  • 冬用テント
  • シュラフのレベルを上げる
  • 底冷え対策

 

また薪ストーブ入れたり、NANAGAの冬用ダウンシュラフを使うとより快適に過ごせるようだが、そんな金にゆとりもないのでコツコツ時間を掛けて貯めて行こう!

 

 んなこと言わずもがっ!

でも僕はこんな対策もせず・・できず。

ガタガタ震え眠れない。

とても居心地の良い空間とは言えない。

まるで拷問。

f:id:ja7083324:20201122145447j:plain

意識が薄らいできた・・。

 

僕は気絶するように眠る・・いや落ちたのか。

 

何とか朝を迎えた

f:id:ja7083324:20201122180624j:image

起きたり落ちたりを繰り返し時刻は午前6時。

 

初の冬キャン夜を越せたことに喜びを感じた。

 

※冬キャンに慣れていない方は暖かさを守る対策をして下さいね。僕みたいな愚策なキャンプは身を亡ぼす。

 

さてさて朝のコーヒーでも飲んで芯まで冷えた体に熱を注入しよう。目が覚める。

 

f:id:ja7083324:20190224200307j:image

 

少し分かりにくいが、

カップに水を入れた瞬間凍る・・。


f:id:ja7083324:20190224200315j:image

 

テントの上においたタオルは凍りつきイナバウアーしてる。

 

しかし、寒い冬の朝に飲むコーヒーは格段に美味しい。

むしろ今回のソロキャンでもっとも美味しく感じた。

こういう楽しみがあるから冬キャンプはやめられない!!

 

 でもあんな寒いの二度とごめんだなぁ・・。

 

僕は寒さ対策は万全にしようと心に誓った。

 

ダラダラした日常から抜け出し、その習慣に戻ろうとする現象にあらがった今回のキャンプは失敗だらけだったがそれなりに楽しめた。

 

バタバタ荷物を片づけ時刻は午前10時。

f:id:ja7083324:20201122182520p:image

僕は冷え切ったバイクのエンジンをかけキャンプ地をあとにした。

 

まとめ

いかがでしたか?

何かバタバタと行ってきた冬キャンでしたが・・・まぁまぁ楽しめました。よ(笑)

 

物語口調でお届けしましたが、より雰囲気をお伝えできるのかと思いました。

 

冬本番、またキャンプシーズン到来♬

 

皆様も楽しいキャンプ旅をお過ごしくださいね。

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

 

今回のキャンプ地はコチラです▼▼

 

 

八千代グリーンビレッジ憩遊館

〒300-3565 茨城県結城郡八千代町松本592

温泉も入れてくつろげ、ご当地の食材も揃いキャンプにはうってつけの♬

環境も鉄悪でなく私のような初心者でも楽しめます。

サイトは区画されてなく駐車場から荷物を搬入するスタイル。

バイクはサイト脇に置いてもOKなようです。

枯葉や小枝もありますが槙は持参した方が良いかも。

10分掛からない場所にコンビニあり。