3.4.5〜まっつん旅。

キャンプや御朱印巡りの旅が好き!アウトドアを楽しみながらインドアな空間も楽しむをコンセプトに日々のライフスタイルを送り、自分が経験した有意義な情報を伝えていきます。日常に疲れた方々に非日常の雰囲気を少しでも味わっていただければ幸いです

スポンサーリンク

【キャンプツーリングのリアBOX活用法】キャンプ場で応用が利く使い方とは?

スポンサーリンク

こんにちはまっつんです(^-^;

 

実は、ソロキャンプを始めたのは30代の頃でそれからめっきりハマってしまいました♬

 

何より自然の中で静かに戦っている事が好きですね(^^♪笑

さて、そんな中・・私みたいに30代からソロキャンプを始められる方って意外と多いようですね??

やはり、日常の世界から少しでも離れたい・・という方もいますよね(^^♪

そこで今回はキャンプツーリングでフォーカスを当てるのが、リアBOXです♬

 

このリアBOX、ヘルメットや雨具などを入れるだけではもったいない

 

実はキャンプ場での活用方法があります♬

 

そもそも、キャンプツーリングの場合もちろん相棒はバイク!になりますよね。

 

そんなバイクにキャンプ道具って本当に荷物が多く実際に乗せられる?と不安になるかもですが・・

 

全然余裕で載ります

 

自分の仕様用途に合わせたキャンプ道具くん達には、もちろんそれを運ぶための(バッグやBOX)が必ずあります

 

 

www.mattsuntabi.com

 

は、キャンプ道具を納め、移動するのに便利なアイテムです

そこで今回はバイクへと積載する3種の器の1つであるリアBOXの使い道を紹介します(^^♪

f:id:ja7083324:20190409204925j:plain

 

キャンプでリアBOXをどう使うか?

バイクへの積載に必要な器は主に3つあります

  • タンクバッグ
  • シートバッグ
  • リアBOX

基本的に、この3種を揃えておけばキャンプ道具は大抵載せられる筈です

 

そして意外と使い道に困るのがリアBOXなんですねぇ・・

 

なぜ困るかと言うと、いまいちキャンプでの仕様用途がはっきりしていなく、全然確立されてないんです!

 

へっ?確立されてないとは??

 

はい、上から説明するとタンクバッグは、その名の通りバイクのタンクに取り付けるため主に小物類や貴重品・地図を入れます。

シートバックはキャンプ道具を入れる器ですから、残ったリアBOXだけが余りものになりがちです。

※もちろん活用の仕方は千差万別なのですが・・。

 

とりあえず余ったものや、バッグに詰められなかった、いろんな仕様用途に合わなかった残骸たちを載せる、まさにホラーBOXと化します *´艸`)

 

しかし、ポンポン入れやすいという事は?

 

キャンプにおいて逆点のチャンスはありますよね。

なぜなら・・物の出し入れには特価しているのだから

 

いろんな使い道が秘められてそうです♬

 

逆転のチャンスを発揮できるリアBOXは?

SHADのリアBOX(トップケース)

キャンプに合うことにフォーカスしたらこれしかないと思います!!(あくまで個人的に)

それが、SHADのリアBOX

逆転の可能性を秘めているアイテムです♬

 

【リアBOXじゃなくて、トップケースとも言うの知らなかった( 一一)】

 

 じゃあ何でいいのかというと・・

 

 

コスパがいい

ブランドバッグじゃないんだから、リアBOXに何万もかけたくないよ・・しかも只でさえキャンプ道具一式で財布の中身だけが減っている状態なのに・・。

 

いいえ、あのリアBOX界の有名なGIVIの(イタリアブランド)リアBOXとも引けを取らないSHADは(スペインモデル)とてもコスパに優れたアイテムなのです!

 

 値段も抑えながら耐久性も良し

サイズが豊富

キャンプにおいて使えるか使えないかは、仕様用途に合わせたサイズやボリュームは大切です!

 

有名所でGIVIの商品は信頼のあるブランドですが、キャンプ地でも使える耐久性なども踏まえて、SHADのリアBOXに軍配が上がるのではないでしょうか

 

理由の一つが何といってもサイズの豊富なとこ

 

その中でも、SH40(BOXの容量が40リッター入る)が特におすすめ♪

 

(自分はバイクの都合上SH33ですが)

キャンプ地で便利な理由

キャンプ地で便利な理由の一番が、この子、実はバイクからワンタッチで取り外すことができるのです

 

さらにBOXの天板にちょっとした物を置くことも可能♬

f:id:ja7083324:20190410223517j:image

 

さらに気になる中身は出し入れしやすいアイテムを入れる!

 

f:id:ja7083324:20190409204950j:plain

  例えば

  • 調味料
  • まな板
  • 包丁
  • スキレット

小出しに出し入れし、尚且つ常に手元に置いておきたいもの

これが本当に重宝されます

 

さきほどの、なぜSH40が特におすすめと言いますと、こちらのサイズから上蓋の天板がまっ平なのです!

より多く上に物を置け、安定感まで備わります

まとめ

今回はキャンプツーリングをこれから始める方やリアBOXをうまく利用したい方への情報としてお届けしました!

 

「まだまだだな・・」

 

と、ベテラン様にはもっといい活用方法はたくさんあると思います。

しかし、キャンプツーリングにおいて現時点で使い方の方向性としては、最強の使い方となっています

 

実は何に使っていいのかと悩むリアBOXでしたが、逆転のチャンスでちゃんとキャンプに使えるアイテムとして機能できました

 

そもそもキャンプにおいて便利さは求めず。

より少ないアイテムをいかに利用しての便利はアリ!と思います

是非参考にして頂き楽しいキャンプライフを送りましょう♬

 

ここまで読んで頂きありがとうございました(^^♪