3.4.5〜まっつん旅。

【御朱印巡り・御城印巡り】を中心に様々な情報を発信中♬旅を通じて得られる知識と経験をふんだんに放出しています(^ ^)また、神社やお寺を訪れる事で日々の疲れをリフレッシュ♬する事ができますよ♬趣味はキャンプとバイクに乗る事なので、そちらの情報もたま~にお伝えしています(^^♪

スポンサーリンク

【茨城ダッシュや松本走り!】他にもあるある3つの変なドライバー対処法とは?

スポンサーリンク

f:id:ja7083324:20190519163924j:image

最近は運転マナーの悪さが社会的にも露呈され、松本走りや茨城ダッシュ、岡山ルールなどローカルなネーミングがついてネット上でも話題になっています。

さて、こと旅や観光においても、この様な危険で一部の運転マナーが残念なドライバーには必ず遭遇するでしょう。

しかも旅や旅行の遠出においては危険が伴うことは、間違いなく起こる可能性があると意識しなくてはいけませんね。

旅や観光において悪質ドライバーやどこか変なドライバーは数多くいます。

それは今に限った話ではありませんが。

今回は茨城ダッシュや松本走りのような悪質ドライバーではなく、少し変なドライバーの一例を3つ挙げて見ました。

そしてそれに対しての対処方法もお伝えします。

楽しい事が悲しい事にならない様にしっかり対処しましょう。

対処方法あるの?

f:id:ja7083324:20190519170018j:image

先ず結論から言うと近づかない事!

触らぬ神に祟りなしと言いますが。

これに限るでしょう。

トラブルを未然に防ぐため近寄らないが1番大切です。

しかし近寄らない事は大前提ですが、わからない時やそれが変なドライバーに見えなかった。

気づかなかった…などなど

まだまだ一般車両の中に隠れる変なドライバーは必ずいますね。

それでは具体的に変なドライバーの種類を3つと対処法を詳しく見ていきましょう。

3つの変なドライバーとは?

挙動がおかしいドライバー

f:id:ja7083324:20190519172827j:image

前の車の運転おかしいなぁ、変だなぁ・・。

何か後ろ走ってると自然と自分も急ブレーキが多くなる。

これは変なドライバーが隠れていますね。

挙動不審ドライバーです。

ふらふら走る

スピードが上がったり下がったり

急に曲がっていく

このような明らかにリズムが変で挙動がおかしな車には近づかない様にしましょう。

極力車間距離をあけましょう。

何をしてくるかわかりません。

前向きポジティブドライバー

f:id:ja7083324:20190519173119j:image

こちらが直進で相手が目の前を急に横切ってくる。

「うわっ危ない!」

とっさに相手ドライバーはどんな人か見ると、真っ直ぐ進行方向をじーっと見て特に悪びれる様子がない。

何事もなかったような顔で過ぎ去っていった。

これは横の視界が全く見えていない前向きポジティブドライバーです。

ポジティブな意味ではないけど、ある意味運転にポジティブなのか、まるで人形の様に一点を見つめたまま横切っていく。

これ自転車でもよく見られる運転ですよね。

顔はまさに無表情。

近寄らないがいいですが、一時停止をちゃんとしてから、頭が少しずつ出てくるのがわかったら徐行に近いスピードまで落とし左足はブレーキに添えておきましょう。

頭が少しずつ出てきてそのまま横切って行く場合があります。

もちろん無表情で。

さらに直感で「あっ何かあの車出てきそう」と思ったら危険を回避する確率が上がります。

金魚のうんちドライバー

f:id:ja7083324:20190519184511j:image

「なぜあなたはそんなに近いの!?」

煽ってる訳ではないが、ものすごい車間が近い。

これはピッタリくっついてくる金魚のうんちドライバーです。

無意識に車間距離を詰めてくる変なドライバー

 

対処は、近寄らないどころかむしろ後方から近づいてくる!?

これに捕まると、どこまでもついてくる。

近いと後ろばかりが気になり、前が疎かになるため非常に危険です。

 

この場合は、二車線なら片側に避ける。

もし一車線であればコンビニなどの駐車場に一旦避難する。

面倒かもしれないが、うんちを断ち切るためにはやもえない。

田舎道にけっこう生息しています。

まとめ

f:id:ja7083324:20190519184351j:image

今も昔も悪質ドライバーによる事故は多いです。

もちろん避けられずの事故は本当に悲しい事態を招き心を打たれます。

そして悪質ドライバーの背後には、今回みたいな変なドライバーが潜んでおり、まだまだいます。

悪質ドライバー予備軍と言ってもいいくらい酷いものがあります。

回避できるなら、そんな車からは逃げましょう。

戦う必要も当然ありません。

皆様も旅先や観光地に向かう際に遭遇した場合は気をつけて下さいね。

楽しい旅を楽しく終われるように。

 

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました(^^♪