3.4.5〜まっつん旅。

【御朱印巡り・御城印巡り】を中心に様々な情報を発信中♬旅を通じて得られる知識と経験をふんだんに放出しています(^ ^)また、神社やお寺を訪れる事で日々の疲れをリフレッシュ♬する事ができますよ♬趣味はキャンプとバイクに乗る事なので、そちらの情報もたま~にお伝えしています(^^♪

スポンサーリンク

【浜松城の御城印】どんなの?情報をサクッとご案内!お城を数倍楽しむ【御城印巡り】

スポンサーリンク

マツタビです。

 

ここでは【御城印】に関する情報をサクッと!ご案内してます。

 

また訪れる前の予習も兼ね雰囲気や歴史を変なキャラクターと共に勝手にお伝えしますね^ ^。

 

 今回は静岡県浜松市【浜松城の御城印】

『浜松城の御城印どんなの?』

『どこでもらえる?』

『受付時間は?』

などなど・・etc

それでは御城印巡りの旅へ参りましょう。

 

 

浜松城の御城印に関する情報(静岡県浜松市)

f:id:ja7083324:20191117214851j:image

「御城印(ごじょういん)ってなんぞ?」

念のため【御城印】とは御朱印のお城版だと思って頂ければ良いでしょう。

ただ、神社やお寺で頂く御朱印に比べるとスタンプラリー的な存在。

近頃は御城印を発行するお城も増え新たな趣味としての楽しみ方もアリですね。

浜松城の御城印

f:id:ja7083324:20191117210509j:image

2018年6月から頒布がスタートした浜松城の御城印は真ん中に大きな【三つ葉葵】と天守がイラストされた迫力あるデザイン。

 

三つ葉葵は徳川の家紋で有名ですね。

f:id:ja7083324:20191117212901j:image

後ほど紹介しますが別名【出世城】と呼ばれ、どこかパワーが注入された作品です。(個人の感想ですが・・)

  • お値段300円
  • 日付記入ナシ

受付場所&受付時間

f:id:ja7083324:20191118183651j:image

  • 受付場所は天守閣入場窓口にて頂けます。
  • 天守への入場料200円(中学生以下は無料)
  • 受付時間は8時半〜16時半
  • 休館日12月29・30・31

時間は天守の開場時間を下にしてます。

駐車場&アクセス

f:id:ja7083324:20191117213011j:image

駐車場は広大でお値段もかからなかったと思います。

たしか・・笑

 

休日でも余裕で駐車出来そうなので嬉しい限りです。

ここから天守閣まで歩いて数分です。

 

  • JR浜松駅〜バス(市役所南)下車徒歩6分ほど

予習がてら知っておきたい【浜松城】歴史と雰囲気!

f:id:ja7083324:20191118195307j:plain

イヌー

「ココは一体どんなところ?」

 

雰囲気や歴史を知らないと意外と抜けてしまう見所ポイント

お城の歴史を知らないと雰囲気を活かす事すらできない。

 

歴史や実際の雰囲気を感じて頂く事で訪れる前の予習にもなります。

 

ここからは!そんな歴史や雰囲気をサクッと予習的感覚】としてご案内致します。

 

それでは参りましょ!

f:id:ja7083324:20191117213908j:image

ここ浜松城は若き徳川家康が武田氏の侵攻を抑えるために築城したお城。

諸説ありますが、もとは永正元年(1504年〜21年)に今川貞相が築城した曳馬城を徳川家康が調略し地名を浜松と改め大改修を施した説もあります。

f:id:ja7083324:20191117213728j:image

因みに「調略」とは内通者を使った政治的な策略の事を言います。

この時代の秀吉や家康は調略がとても上手かったと言われます。

話が逸れましたが・・。
f:id:ja7083324:20191117213722j:image

その後徳川家康は城を移し、浜松城には数多くの大名が城主を務めました。

 

その城主達は後に要職に就く者が多かった事から別名【出世城】とも呼ばれたようです。
f:id:ja7083324:20191117213752j:image

見所は本丸に築かれた石垣で、これは当時のまま残されてます。

この石垣は【野面積み】と呼ばれています。


f:id:ja7083324:20191118190218j:image

f:id:ja7083324:20191118190215j:image

天守内は歴史的な資料が多く展示されてます。


f:id:ja7083324:20191117213748j:image

天守の頂上からは街並みを伺えます。


f:id:ja7083324:20191117213738j:image

天守地下には井戸があります。

戦国時代において水利、つまり水の確保は極秘中の極秘扱いなので詳細な資料は残ってないようですが、浜松城にもわき水があったとされています。

 

f:id:ja7083324:20191118191617j:image

浜松城公園内には若き日の徳川家康の銅像があります。

ん~この角度だと「トウッーーす!!」してるみたい笑

因みに右手に持ってるのは兜の前立てです。


f:id:ja7083324:20191117213718j:image

【予習的感覚】を踏まえて訪れるとより楽しみが増しますね。

 

お城好きからしたら情報は物足りませんがあくまで初めてのキッカケや簡単な復讐がてらなので「ふーん」と思って頂ければ幸いです。

 

【参考資料】 

【オリジナル集印帳つき】はじめての御城印ガイド (学研ムック)

【オリジナル集印帳つき】はじめての御城印ガイド (学研ムック)

 

まとめ

f:id:ja7083324:20191117212800j:image

いかがでしたか?

若き日の徳川家康が天下統一の礎の一つとなった浜松城!

戦国時代に多くの大名が出世したお城で頂ける御城印もまた自分にとって何かのキッカケにもなりそうでしたね。

 

今回のまとめ
  • お値段300円
  • 書置き&日付記入ナシ
  • 天守閣入場窓口にて販売
  • 受付時間は8時半から16時半

 

それでは楽しい御城印巡りを送って下さいね♬

 

この情報が少しでも予習がてら参考になって頂けたら幸いです。

 

【おまけ】浜松城から近場の御城印ナビ!!

f:id:ja7083324:20191116182702j:image

フツフツ人気が出てきた【御城印】を集めてみませんか?

 

大切な旅の思い出を形にする事もできる素敵なデザイン!

 

おまけとして少しですが【御城印】に関する情報を3つほどサクサクご案内します。

f:id:ja7083324:20191116182000j:plain

ブラック

 

巨大な城内!徳川家康が舞い降りた駿府城の御城印とは?

 


 ▼近世の城郭へと改修された木造造りの城【掛川城の御城印】

 

 

上杉謙信・武田信玄も撃退した堅城【小田原城の御城印とは?】

 


「他にもお城の御城印巡りしてみたいな!」 

 

と・・ちょこっと思ったら

 

カテゴリー【御城印巡り】から過去のレポートもご覧くださいね。

 

御城印巡りを現地レポートにて今後もぞくぞくとご紹介^ ^

 

応援の程よろしくお願い致します!

 

またツイッターではまったりと変なキャラ達と共に【神社・お寺・お城】と旅の記憶を御朱印や御城印を通し日々呟いてます。

 

もし良ければ気軽にフォローもよろしくお願い致しますね♬

f:id:ja7083324:20191116182018j:plain

変なキャラ・・マツタビくん

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。