スポンサーリンク

鬼怒川ダム4姉妹!?【ダムカード】も手に入る栃木県【鬼怒川ダム】おすすめ旅

スポンサーリンク

f:id:ja7083324:20201115152106j:image

 

マツタビです。

日々のお勤めお疲れ様でございます。

 

今回は栃木県日光市【鬼怒川ダム】へ紅葉がてら訪れました。

 

 

鬼怒川には【鬼怒川ダム4姉妹】なるものが存在するようです。

 

おっ!これは気になり早速調査してみました(^^)

 

またダムカードなるものも頂け、旅に色を添える旅へなりそうです。

 

では!!旅へ参りましょ♬

 

ここでは旅の情報をより良い旅を過ごすため実際に観光地へダラダラ足を運び感じたポイントをサクッとコンパクトに紹介します。

 

 

ダム!訪れる前に知っておきたい事

f:id:ja7083324:20201110193217j:image

 

今回訪れた4つのダムを総称して

【鬼怒川ダム4姉妹】

というネーミングで観光に訪れた人に楽しんでもらえる1つの観光スポットとなってます。

 

「なぜ4姉妹?」は、さておき

訪れると広大な環境の中に無骨なマシン!とダイナミックな情景が楽しめる事間違いなさそうですね。

 

はい!ダム素人の私なりに更に知っておくと楽しいかも?ダムのことをほんのすこーしお伝えします。

 

ダム素人の目線で至らない点はありますがね、とりあえずまとめてみましたよ(^^)

ダムの型式

f:id:ja7083324:20201115154019j:image

 

重力式コンクリートダム、アーチ式コンクリートダム、フィルダムと主に3種の型式があります。

 

うん・・。

サッパリ知りませんでした笑。

 

ダムって何してるん?

f:id:ja7083324:20201115193040j:image

ダムの仕事は洪水時の水位の調整や電力など作ったりと私達の身近な生活の支えとなっているのです。

 

昨今は大雨の被害も深刻で、生活を脅かす可能性は十分あるなかダムという存在は絶対欠かせない設備である事は周知されてる筈です。

 

はい・・ダムを改めました

 

鬼怒川4姉妹

それでは実際に素敵なダムを愛でにいきましょう♬

 

鬼怒川を代表する4つのダム(五十里ダム、湯西川ダム、川治ダム、川俣ダム)の雰囲気をサクッとご案内します。

 

紅葉シーズンでとくに綺麗でしたよ♬

そして人がそんないないので穴場スポット?なのではとも感じました。 

 

五十里(いかり)ダム

f:id:ja7083324:20201115155445j:image

 

まず一つ目が五十里ダム。

重力式コンクリートダムで分厚いガタイでどっしりしてます。

 

1956年に完成した当時は日本一高いダムで、大規模ダムの草分けとして現在もバリバリ新規改良中のダムとなります。

 

洪水調節や農業用水の供給、発電を目的としてます。

 

ダムのしおり情報だよ・・ヒソヒソ

 

f:id:ja7083324:20201115160535j:image

 

ダム下からの眼前は圧巻です。

 

おまたヒュンとなります笑。

 

全体を見渡せる写真スポットもありバエマスね。

見学会も行っているようで中やダム下からも全貌を眺める事ができるようです。

 

当たり前ですが、辺りは静かで長閑でホッコリ空間を味わえますよ。

 

湯西川ダム

f:id:ja7083324:20201115155525j:image

 

こちらも重力式コンクリートダムで2012年に完成したまだ若いダムですね。

 

ちなみに重力式は地震や洪水に強く日本では標準的な型式だそうです。

日本の天災からこの型式が多いのですかね?

 

人がいなくても勝手に水が流れる非常用洪水吐が注目ポイントです。

 

ダムのしおり情報だからね!・・ヒソヒソ

 

曲線も少なく非常にシンプルなデザインのダムです。

撮影ポイントも良好で、紅葉も良い感じで臨めました。

 

f:id:ja7083324:20201115161808j:image

 

予断ですが山の天気は変わりやすく、あんなに晴れていたのに雨がポツポツ。と。

まぁこれも旅の醍醐味なのでは?ないでしょうか?

 

不満たらたらやな。

 

川治ダム

f:id:ja7083324:20201115155604j:image

 

五十里ダムから近く、川治ダムの型式はアーチ式コンクリート。

 

アーチ式は岩盤を強固な場所に建設することで少ないコンクリートでダムを作れます。

 

つまりコスパいいね♬なダムだと思います。

 

コスパ良いが、地盤は強固な場所だからこそできる自然の特性を生かしたからこそできる技。

 

1983年に完成し、オーバーハングという下流側に反り立つ壁のような設計。

 

しかもど迫力な壁の上は道路になってます。

 


f:id:ja7083324:20201115174913j:image

f:id:ja7083324:20201115174917j:image

 

大自然を見渡せる景色も良いですね♬

 

山の民やもののけ姫がでてきそうだね。

 

川俣ダム

f:id:ja7083324:20201115155647j:image

 

4つ目は川俣ダム。

正直!

↑↑上の写真撮るまで1番辛かったダムです笑。

 

私には少しダム写真の難易度高かったです笑。

 

なぜなら ここまで片道20分ほど山道を歩きます。

 

ただひたすら盲目に山道を歩く。

しかも勾配豊かな道のため、

心拍数は上がる上がる⤴️

 

普段の運動を避けたことで出来上がった身体は山道に耐えられず笑。

 

私より遥かに御年配の方はスラスラ進んでいく、なんとまぁ強靭な体力だこと

体力を悔い改めました。

 

・・・ファイト〜。

 


f:id:ja7083324:20201115175936j:image

f:id:ja7083324:20201115175932j:image

 

なんとかたどり着くと、たしかに見応えある景色を臨む事ができました。

 

吊り橋からダムの全貌を見れますが、この吊り橋も観光スポットになってたりします。

 

f:id:ja7083324:20201115180216j:image

 

吊り橋の途中に天使の鐘なるポイントがあります。

 

カップルは鳴らしたりするのかな?

安心して1人カーン鳴らしてみましょ!笑

 

旅の記念【ダムカード】

f:id:ja7083324:20201115154933j:image

 

ダムカードは訪れた証をカードとして国土交通省が発行してるものです。

 

1人1枚ながら無料でゲットできるので、旅の記憶として集めるコレクターさんも多いようです。

 

2020年11月から配布も開始されたので収集家も動き出すのかな。

 

f:id:ja7083324:20201115181219j:image

 

裏面にはダム情報もわかるので、「こんなダムだったよね!」と思い出を回収することができる優しい設計。

 

専用のカードホルダーもあるようですが、

私はまぁ・・100均のホルダーでいいかな・・とかなんとか思ったりしたり、しなかったり

・・ねっ。笑

 

まとめ

いかがでしたか?鬼怒川のダム4姉妹といわれるダムの旅でした(^^)

 

ぜひ旅の情報の1つとして参考になって頂けたら幸いです。

 

いやぁ!しかし、今回の旅でダム巡りも良いなと思いました。

 

大自然の中にひっそり佇む巨大マシン

広大な景色とダムの情景

湖畔から伺える静かな雰囲気

 

最高ですね♬

 

土地の問題上ダム建設反対!と綺麗な姿だけお伝えするのもあれですが、観光するポイントとして見応えある鬼怒川4姉妹のダム紹介でした。

 

私にとって1番良かったのが人がそんなにいない事(^^)。

 

ゴミゴミした人混みや渋滞で紅葉へ訪れるが着いたら疲れる。

 

それはそれで楽しめるかもですが、ダムから見える紅葉は隠れスポットなのではないかと思いました。

大堂もありだけど、少しニッチは観光スポットも面白い!

 

まぁそんな旅でした♬

 

それではまた次の旅でお会いしましょう♬ぜひ他の旅も覗いてみて下さいね